リトルプリンス 星の王子さまと私

リトルプリンス 星の王子さまと私

一生に一冊の本があるように、一生に一本の映画がある。

世界中で愛されている一冊の本から、この映画は生まれました。
主人公は9歳の女の子。「大人になりすぎた現代」を生きる、友達のいない少女です。

母親が立てた人生設計どおり無駄なく進んでいくはずだった彼女の日常は、引っ越し先の隣に住むおじいさんと出会ったことで変わり始めます。
その昔、おじいさんは飛行士で砂漠に不時着したときに出会った小さな男の子のことを、何枚もの絵と文章に書きつづっていました_____。
そう、それが、あの「星の王子さま」のお話なのです。


それは、女の子にとっては初めてしる物語。私たち観客は、奇跡のように映像化された「星の王子さま」の世界を女の子とともの体験し、王子様の言葉に、世界はなぜ美しいのか、涙はなぜこぼれるのか、人を思う気持ちはどこからやってくるのか、そんな大切な秘密を知っていく・・・・・・。

やがて「星の王子さま」のお話は、一人ぼっちだった女の子を思いもよらない冒険へと導きます。
今や、かけがえのない人になった飛行士のおじいさんのために、おじいさんにとって大切な王子を探しに行く旅。

そして旅の終わりに女の子は、「大切なものは目に見えない」—————–その言葉の本当の意味を知るのです。

出版から72年目の奇跡 名作の「その後」の物語


1943年に出版されて以来、270以上の言語・方言に訳され、1億4500万部を売り上げてきたサン=テグジュペリ不朽の名作「星の王子さま」。砂漠に不時着した飛行士と、小惑星からやって来た小さな王子との出会いと別れをつづったその物語は、世界中の人々に愛され続けてきました。

時代を超え、文化の差も超えて読む者の共感を呼ぶのは、そこにある普遍的なメッセージ。平易な言葉で語られるそのメッセージは、読むたびに新たな解釈を生みだし、どこまでも深く読む人の心をつかんで離しません。

「星の王子さま」は、世界中のアーティストや作家たちからも愛される作品です。アニメーション監督の宮崎駿さんも、自身の推薦書50冊リストに「星の王子さま」を挙げています(岩波新書「本へのとびら」)。これまでオーソン・ウェルズやウォルト・ディズニーといった伝説的なアーティストたちが映画化を試み、いずれも実現には至りませんでしたが、出版から72年目にして初のアニメーション映画として映像化が実現しました。そして本作は、サン=テグジュペリ エステートが初めて認可した、「星の王子さま」のその後を描く物語となっています。

Hape(ハペ)は、この夢のある映画に共感し、版権を取得。映画のキャラクターや素敵なシーンをおもちゃの中に再現しました。ゲームやパズルなどの玩具で遊んでいただき、大人から子供までがこの素晴らしい映画をいつまでも心に残してほしいと願っています。

  1. リトルプリンスパズル 10PCS 824604 (2歳~) パズル

  2. リトルプリンススタンプ 824683 (3歳~) スタンプ

  3. モビール リトルプリンスの宇宙 824686 (6歳~) 高島屋限定商品

  4. リトルプリンスプレーン 824713 (5歳~) ペーパーフィギュア

  5. 飛行士 824763 (3歳~) フィギュア

  6. リトルプリンスとキツネ_a 824762 (3歳~) フィギュア

  7. リトルガールとキツネ 824761 (3歳~) 高島屋限定商品 フィギュア

  8. リトルガールと飛行士とキツネ 824764 (3歳~) 高島屋限定商品

  9. リトルガールとママとキツネ 824759 (3歳~) フィギュア

  10. 星の拡大鏡 824712 (3歳~) 虫眼鏡

  11. カレイドスコープ リトルガール 824685 (3歳~) 万華鏡

  12. カレイドスコープ 飛行士とリトルガール 824772 (3歳~) 万華鏡

ページ上部へ戻る