遊ぶことは学ぶこと

知育玩具とは?

知育玩具は子供が主体的に遊びを通じて楽しみ、学びや経験を深めていくための手助けをしてくれます。

どうして知育玩具が必要なの?

nou脳内における、手・指先の処理面積は大脳の約1/4が割りあてられています。手・指先の遊びを継続的に楽しむことで、脳全体を刺激し、脳の望ましい成長を促すことができると考えられています。

おもちゃを通じて体験したことが、脳を刺激し、神経細胞を密にします。6歳までに脳の約95%が完成するといわれており、この時期にいろいろなことを体験させることが大切です。
おもちゃはその手助けをする最適なアイテムです。
脳への刺激

目と手の協応って?

6ヶ月頃になるとお座りができるようになり、両手が使えるようになります。目で見た物を触ってみる・触った物を目で確かめるというのは大人なら当たり前の作業のことだと
思います。目と手の協応とは、そういった目と手が連動した動きのことで、幼児期に知育玩具で遊ぶことにより育まれ、普段の生活の基礎を身につける為に、とても重要な要素です。

大人が与えるべきは「環境」

81sLpNiQfnL._SL1500_こどもには自らを育てていく力が最初から存在しています。
おもしろいと思えば自発的に関わります。関心を引き出す環境を大人が与えることで、 自ら考え、遊び、「できた」ことに喜び(達成感)感じます。そういう環境作りをしてあげることが、子どもの可能性を最大限に引き出すのには不可欠です。

安全を優先します

ハペのおもちゃは全てヨーロッパの玩具安全基準を満たしています。また、日本へ輸入する際は厚生労働省の食品衛生法による検査を受け、おもちゃの規格基準に適合しているという結果をいただいています。
安全を優先します
※ 乳幼児が接触する可能性があるおもちゃに健康を 損なうものが含まれていないか検査します。

ページ上部へ戻る