ハペの歴史

ピーターのストーリー

gallery1
ハペのストーリーは、ピーター ハンドシュタインのストーリーです。ピーターはドイツ中央部の小さな町で、家族への敬意、誠実、思いやりを深く根付かせながら育ちました。ハペはピーターの人生観の現れです。ドイツの幼稚園向け教材会社のセールスマンとして、ピーターのキャリアは始まりました。数百もの学校を訪問し、数百人の教育者との語らいから、彼は”遊びの力”に対する深い理解を得ました。1986年 ピーターは、妹のサビーナ、親友のレナート ゲイツと一緒に、幼稚園向けの教材販売会社を設立しました。

国際的な成長

gallery2
創業後、ハペは順調に成長していきました。しかし、ピーター達は、ドイツ以外に知られるためには、国際的な成長が必要であることを理解していました。ピーターのビジョンと決断により、ハペは次なる成長を、戦略的に国から国へと広げていきました。ビジネスは順調に拡大していき、1995年に中国の寧波に、環境にやさしい最先端の技術を導入した効率的な、革新的な工場を設立しました。

バンブーとの出会い
ピーターは、彼の新しい家の周りにある竹に興味を惹かれて、彼のデザイナー達に、新しい素材に挑戦するように励ましました。このチャレンジは2005年に、ユネスコとの協働となった最初のバンブーシリーズとして結実しました。ハペのバンブーコレクションは、今や、ハペブランドの中で確固たる地位を占めるまでになりました。

2015

gallery3今日、ハペは70カ国以上におもちゃを販売する多面的なグローバル企業となりました。しかし、安全で革新的な製品により、ピーターの理想はさらに広がっています。生涯にわたる学びと教育に対する情熱は、子供達のための学校建設と地域資源の活用を教えることで、地域社会との共生のために働きました。社会的責任、教育、環境、イノベーションは、ピーターの足跡に刻まれ、ハペのビジネスの全ての面で、過去・現在・未来に渡り輝いています。

ページ上部へ戻る